見出し画像

20/05/16(土)17:30「夏を先取り!和歌山の鮎釣り」THEフィッシング(再)

【旅・街歩きエリア】 和歌山県(有田川・紀の川)

今回は去年10月に撮影した鮎の友釣りをお送りする。舞台は和歌山県の2つの河川。

今回の見どころ

前半は有田川での数釣り。アングラーは高知県在住の有岡只祐。有岡は日本最大級の鮎釣りトーナメント・鮎マスターズで優勝経験のあるトップトーナメンターだ。有岡はまず、水深10センチのポイントで竿を出す。鮎は秋になると産卵を意識し始め、体力を温存するために、流れの弱い浅場で身を潜めているという。しかし、反応はない。今度は逆に、水深があり少し流れの強いポイントに狙いをかえる。すると、すぐさまヒット!手のひらでキラキラと輝く鮎を見た有岡は、「若いね、魚が!ヒレもデカイわ、最高やん」と、興奮ぎみの様子。さらに、同じポイントを攻めてみると…。目印が“ビュン”と走った!連続ヒット!「見た!?今の?気持ちいい!」名手も唸る心地いいアタリだ。その後もテンポよく釣果を上げていく有岡は、「盛期の釣りみたい。100尾釣れるんじゃない!?」と、余裕をみせる。 果たして、どこまで釣果を伸ばせるのか…。

そして後半は、同じく和歌山の河川、紀の川で30センチオーバーの尺鮎を狙う。アングラーは鳥取県在住の瀬田匡志。瀬田は大鮎とのスリリングなやり取りが大好きだ。「夢の尺鮎!一発デカイのを釣りたいですね!」と意気込む。体力のある大型は流れの強い瀬にいるはず。丁寧に探っていと…。“ゴン”という衝撃と同時に竿が弧を描く。「やばい、やばい…。」慎重にやりとりする瀬田。上がって来たのは、遠目でも分かる大型だ!果たして、そのサイズはいかに!?鮎の友釣り解禁まで、早いところであと1カ月。名手たちの鮎釣りは、イメージトレーニングにぴったり。どうぞお楽しみに! 

出演者

【出演者】
有岡只祐(アリオカ タダスケ)
瀬田匡志(セタ タダシ)

【ナレーター】
窪田等

番組ホームページ・SNSほか

『テレ東電鉄』とは?

logo(最終)

テレビ東京と東日本旅客鉄道がみんなの旅・街歩きを盛り上げます!
旅・街歩きをもっと面白くするヒントが満載!東日本旅客鉄道公式スマートフォンアプリ「JR東日本アプリ」にて、テレビ東京の旅・街歩きに関する番組情報を配信中!
「どこに行こうかな、何を食べようかな!?」とお困りなら、”アド街MAP”がおススメ!「出没!アド街ック天国」で過去に放送された街を地図でチェック!街の魅力をランキング形式で確認できます。ボクらと一緒に、旅・街歩きに出かけませんか?

テレ東電鉄TOP

※掲載情報は、放送時点のものです。


よろしければシェアもお願いします!
3
テレビ東京公式noteアカウントです。 楽しいコンテンツや番組の裏側まで、様々な情報を視聴者のみなさんにお届け! 公式Webサイト→https://www.tv-tokyo.co.jp/ 運営アカウントポリシー→https://www.txhd.co.jp/sns_policy/

こちらでもピックアップされています

『テレ東電鉄』出発進行!
『テレ東電鉄』出発進行!
  • 750本

~10/19投稿。そして電鉄へ・・・テレビ東京とJR東日本がみんなの旅・街歩きを盛り上げます!旅・街歩きをもっと面白くするヒントが満載!なかなか外出・外食ができない状況にありますが、せめてテレビ・デジタルで「こんな旅したいな」「いつか行ってみよう!」と共に夢を膨らませましょう!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。