『コタキ兄弟と四苦八苦』の第1話のストーリー
見出し画像

『コタキ兄弟と四苦八苦』の第1話のストーリー

1月10日(金)放送

「一、怨憎会苦」

元予備校講師の兄・一路(古舘寛治)は、現在無職で独身。喫茶シャバダバの看板娘・さっちゃん(芳根京子)が気になる様子。そんなある日、8年前に勘当したはずの弟・二路(滝藤賢一)が家に転がりこんで来るが、来る途中に事故を起こしたという!慌てて現場に向かうと、倒れていたムラタという男(宮藤官九郎)に“レンタルおやじ”の代理を頼まれる…待ち受けていた美人依頼主(市川実日子)を見て絶句。その理由は…!?

ゲスト出演者

画像1

画像2

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
スキありがとうございます!
テレビ東京をもっと好きになるnote⇒『テレ東ファン支局』へお引っ越し
こちらのコンテンツは、『テレ東ファン支局』にお引越ししました。 ファン支局では名物プロデューサー陣の制作裏話など満載。無料会員登録で読み放題です。お楽しみください❣ (登録はこちらから)https://community.tv-tokyo.co.jp/